光触媒による外壁塗装と寿命の長さに関するメリット

物には、寿命があります。建物に対する塗料なども、やはりそれが有るのですね。
ところでリフォームを検討しているならば、塗料選びなどは案外大切なポイントになります。なぜなら塗料により、耐用年数などが異なっているからです。
数ある塗料の中でも、光触媒などはかなり寿命が長めになります。なぜならそのタイプの塗料の場合は、汚れのつきずらさに関する特徴があるからです。
例えば油汚れですね。建物に対して油が付着すれば、それは塗料の寿命を短くする事にもなりかねないのです。ところが光触媒のタイプの場合は、その汚れが落ちやすくなっているのですね。
それと雨の水の力です。住宅に対して雨が当たってくれれば、建物に対する汚れなどは除去されやすくなるのですね。そして光触媒の外壁塗装の場合、その除去を強める力があります。建物に対して雨が当たる事で、汚れが浮くようになるのですね。それで自然と汚れが流れてくれるのです。
このように洗い流しの力が非常に優れている上に、光触媒は耐用年数などもかなり長めになっている訳です。ひいてはそれが建物の寿命を長めてくれるとも期待できるのですが。
ですので建物を長持ちさせたいと思うのであれば、光触媒の外壁塗装がおすすめです。

外壁塗装の価格について

みなさんはこれまでに自宅の外壁塗装を業者に依頼された事はありますでしょうか?
きっと自宅を所有されている方の多くはこれまでに一度は自宅の外壁塗装の経験があるかと思います。

ですがこれまでに一度でも自宅の外壁塗装の経験があるという方ならそのコストの高さに最初はかなり驚いたと思います。それは私もそうで私も初めて自宅の外壁塗装をした時はその価格の高さからかなり驚きました。

ですからそのあまりの価格の高さから最初は別に外壁が剥がれてボロボロでも良いかと思ったりもしました。ですが、外壁塗装の業者から外壁が傷んだままで放置したら家がいつか崩れると言われて仕方なく外壁塗装をしたものでした。

ですから、たかが外壁塗装と思わずに費用をケチらずにしっかり外壁塗装をされる事をおすすめします。確かにそのためには決して安くない費用が掛かりますがでもそれで家が崩れる事なく安心して住むためには本当に必要な事です。

なのでこれから外壁塗装をするという方も外壁塗装は単に壁を綺麗にするためにするのではなく家がきちんと保たれるようにするためにするという事をしっかり肝に銘じて欲しいと思います。そうしないとなかなか外壁塗装価格に納得できないからです。

早めの対処

家を建てて約20年
家には思い入れもありだいぶお金をかけてきた。
業者からの意見は今と相当外壁の交換をしなければ雨漏りしてしまう。
とにかくせかされた。

見積もりを数社からとってみた。
30万円から85万円の見積もりだった。
偶然知り合いに塗装屋さんがいたことを思い出し、家によんで酒を飲んだ。
久しぶりだったのか目いっぱい飲んでしまった。
相手も寝てしまったので一緒にリビングで寝た。

次の日朝ごはんを食べながら家の塗装の事を相談した。
今日は頭が痛いので日を改め明日以降にプロをよこすということで別れた。
次の日の夕方二人で来てくれた。
色々な機材を積んできた。

まず゛家の天井に入り色々調べていた。
しばらくしてから家の外壁を見て回っていた。
メガネの様なもので表面を拡大してみていた。
特に釘などを使用したところは丹念に診ていた。
梯子にのぼり屋根の裏側を丹念に見ていた。

全部で二人トータル2時間位見ていたと思う。
検査結果は一週間位かかるので分かったら連絡するといって車で帰って行った。

一週間たって連絡が入ったので酒準備して待っていた。
すき焼きを食べながら検査結果を聞いた。
30ページに及ぶ結果が記載されていた。
全体的には痛んでいるが今やる必要が無いと言われ安心した。

プロの二人に外壁なと修理するタイミングを聞いてみると
一般的には早め早めにやった方が安く済むと言っていた。
でもお金がかかるのでその辺を考えて計画を立てたらと助言された。
ここまでの事をまとめると
①見積もりは数社とること
②見積もりを取ったら内容を良く聞くこと
③すべて込みの用意する金額を積算する。

まだ一杯聞いたがこの辺で

予算に応じたリフォームの作業

予算に応じてリフォームの作業内容が編成されるケースは、度々見受けられているのではないでしょうか。リフォームを希望する人が、予算の面を優先的に考慮したいと希望する場合にはこうした傾向が際立って見受けられているとされており、適切な方法で作業内容が決定されているのではないかとみられています。どのようなリフォームをしたいかよりも予算を優先させる人が着実に多くなってきていると考えられていることから、このような手法でリフォームの概略が決められることが普遍的なものとなっていくのではないでしょうか。
リフォームには様々な内容の作業が存在していると考えられています。室内の改修や外壁塗装など、複数の作業が確立されていると考えられており、家主が希望するリフォームを予算内でできるかどうかが判断されるのではないかと考えられています。予算を最優先事項としてリフォームがどれ程進められるかを検討することが現在は多く見受けられる実例となってきているため、多方面で注目を集めていると推測されています。今後はこうした予算面を強く考慮したリフォームの進め方が、より多くのところで確認されるようになるのではないかと考えられており、期待されるでしょう。

リフォームをする際の注意点

家を持つというのは誰もが持つ夢です。
実際に建てた人は建てた時だけではなく、実際に住んでからも家にお金がいります。
どんどん老朽化していくので、何十年かに一回はリフォームをしなければいけません。
そして、リフォームは家族が住みながら工事を進めていくので、注意点があります。リフォームをした人で多くの人が思うことは、人の出入りがあり、落ち着かないということです。
また、外出も簡単には出来ません。
期間が2、3日くらいならいいかもれませんが、大体的なリフォームとなると短い期間というわけにはいきません。
期間が長くなるとやはりストレスが溜まってしまうということもあります。
また、予想外の出費というのも発生してしまうということもあります。
出来るだけストレス溜まらないように進め方のポイントがあります。
暑い時期や寒い時期などの季節を考慮したり家族の受験や進学の時期も考慮して進めていく事が大事です。
キッチンやバス、サニタリーの使えない期間の対処法を考えておくことも必要です。
そして、工事の妨げになる家財はまとめたり、預けたり、処分したりする必要があります。
予想外の出費も想定して余裕をもってプランニングすることも必要です。
リフォームでは追加工事というのも発生しやすくなります。
職人さんへのお茶や、近隣のあいさつ銭湯や外食費などもかかる場合があるので、余裕を持ってい考えておくと良いです。
ただ古くなったからリフォームするだけではなく、大規模な工事になればなるほど、家族の環境も考えて、こんなはずじゃなかったと後悔するようなことにならないように計画を立てておくことが大事です。

外壁塗装やリフォームの必要性

居宅って、築後10年、15年経っても新築と見間違えるような家と、どうみても老朽化が激しい家があります。
この差はどうして出来るのでしょうか。この差は建てた工務店の技術ではなく、今日まで住んできた人のお手入れの差でしょう。
家は、お手入れをしなかったら確実に傷んでいきます。
しかし、壁紙が剥がれたり床に傷が入ったくらいでは、家の寿命は短くなりません。
家を老朽化させて寿命を短くしてしまう致命的な原因は、そのような内部の損傷ではなく、外側の損傷です。
家を外側から破壊して、寿命を短くする家の天敵は、「雨水」です。
雨水は、屋根や外壁の僅かな隙間から入り込んで、家を腐らせるのです。気付いたときには被害が拡大していて、大掛かりな補修が必要になることもよくあることです。
だから、屋根と外壁を常に健康に保って、雨水を家の中に侵入させないことです。
これこそが、家を元気に長持ちさせる、たった一つの方法なのです。
また、屋根・外壁は修理が遅くなればなるほど、補修の費用もよけいにかかってしまうので、家の治療にお金をかけないためにも、また、建物の資産価値を守る為にも、定期的な健康診断と早期の治療が大切です。ただ、日ごろ目にするものであれば故障もすぐわかりますが、屋根、外壁などは日ごろ目に触れないために点検がおろそかになりがちで、
損傷にもなかなか気ずかないものです。また、自分で点検しようと思っても、一般人ではなかなか点検できない部分ばかりです。
ですから、できれば、5年に一度ぐらいは、専門家に屋根や外壁の総点検をしてもらうことが、家を元気に長持ちさせる最良の方法と言えるでしょう。